キャサリン・クライン:リーダー、メンター、母親

これまで得た教訓とこれからのこと

キャサリン(ケイティ)・クラインは、フッドリバー・チェリー・カンパニー(HRCC: Hood River Cherry Company)の共同所有者であり、男性社会での女性の立場がどのようなものであるかをよく知っています。30年間以上の農産業における経験を持ち、その場にいる唯一の女性だったことはこれまで数え切れません。

この業界により多くの女性が参入するにつれ、彼女らの存在が良い影響を与え、また彼女らを支援する機会ができていることを認識しています。「長いことこの事業に携わっている私たちには、仲間入りしたばかりの若い女性たちを指導し支援するチャンスがあります」と、ケイティは言います。

中には、女性が先導する、小さな家族経営の果樹園をチャレンジとしてみている者もいますが、ケイティは利点としてとらえ、「毎日家族と協力して働くことはとてもやりがいがあります。娘と一緒にプロジェクトに取り組み、オフィスを出たり入ったりして走り回る孫娘の日々の成長を見ながら、夫と共に充実した時間を過ごし、二人が最も好きなこと、素晴らしいチェリーを育てることができるなんて最高です」と言います。

HRCCは家族経営の果樹園なので、従業員の生活を知り投資することができます。「私たちの従業員の多くは何十年も一緒に働いていて、毎年のように私たちと共に収穫してきました。こんなに長いこと一緒にいると、家族同様の気持ちです。彼らの子どもたちの成長を見ることができ、また家族の誕生日や卒業式などの特別なイベントを共有できることを本当にうれしく思います」。

ケイティとブラッドは、1993年、彼らの一番下の息子が生まれた日に最初のチェリーの木を植えました。それ以来、彼らのスイートチェリーは375エーカーに増え、今年だけでさらに100高地エーカーを加えました。「私は自分のやっていることが大好きで、私たちのおいしいチェリーを通して、人々の生活に幸せをもたらせることに感謝し、さらに多くの木を植えることに大きな喜びを感じます!」。